葬儀のしきたりは難しい

葬儀に出るときの注意

葬儀の出席の仕方について

葬儀に出るときには服装や、その宗教のしきたりがあります。みなさんはマナーを守った上でお葬式に出ることができているでしょうか。意外に難しいのが宗教によっていろいろ違うといことではないでしょうか。また地域などによっても若干の違いはあってもおかしくはありません。最近ではお葬式に出るからといってそこまでしっかり宗教的なやり方をするところは減ってきてはいますが、宗教ごとのしきたりだったり、葬儀のマナーなどしっかり守れたほうがずっと格好の良い大人になれるでしょう。

仕事

葬儀の形式はどうやって決める?

宗教の形式(仏式、神式、キリスト教式など)を決定する時は、故人が信仰していた宗教を尊重するのが基本です。例えば、家は代々浄土真宗だが、故人がカトリック教徒であったような場合には、故人の信仰を優先するので、葬儀はカトリックの形式で行います。しかし、日本人の多くは特に宗旨を持っていない場合が多いので、結果的に現在の日本では、代々行われてきた仏式のお葬式を、そのまま行うという場合が非常に多いです。また、最近では宗教とあまりかかわらず、故人の人柄や趣味を葬儀の形式に反映させる”無宗教式”を望む人も増えています。

↑PAGE TOP